AGAの治療薬とその効果

医療分野でのiPS細胞の研究では日本人のノーベル賞受賞など、世界の中でも日本はとても注目されている存在です。

医療分野での研究や開発もどんどん進み、夢の細胞、万能細胞は、どんどん現実になってきています。

今まで治療や手術ができなかった難病を持つ人にとっては希望の光ですね。

iPS細胞の他の分野でも、医療技術は日々進化しています。

私の兄は、昨年からAGAの治療を開始しました。

AGAもここ数年の間でさらにそのしくみが解明されたり、効果的な治療薬が開発されたりしているものです。

AGAは男性型脱毛症といい、男性ホルモンと深く関係しているものです。

男性ホルモンが、育毛、発毛を邪魔してしまうことによって起こると言われています。

AGAの治療薬として有名なのが飲む育毛剤と言われるプロペシアです。

これは、最初からAGAの治療薬として開発されたものではなく、他の病気の治療薬として利用されていたものでした。

それは前立腺肥大の治療薬として開発されたもので、たまたまその薬を投薬した患者から発毛という症状があらわれたのをきっかけに作られたものです。

プロペシアは脱毛を抑制する働き、発毛の働きがありことで、AGAにはとても効果的なものとして、広がっていきました。

日本で厚生労働省の許可がおりたのが2005年ですから、ごく最近のことになりますね。

プロペシアの効果は、とても高くたとえば3年間プロペシアを飲み続けた人の約8割りは育毛を実感している、というデータもあります。

【AGAの専門ジャーナル】http://scoobydoogry.org/

Comments are closed.